Visual Studio CodeをPCへのインストールと日本語化の方法

ツール

Microsoftから無料で提供されている高機能エディターVisual Studio Code 通称VS Codeをインストールして日本語環境にする方法を記載します。

VS Codeのダウンロード

VS Codeは下記のサイトよりダウンロードすることが出来ます。
VS Codeは、Windows版、Linux版、macOS版とあるので、インストール先の環境に合ったファイルをダウンロードします。
今回は、Windows10のUser Installerの64bit版(PCへインストールしたユーザーのみ使用できるもの)
を例に進めていきます。

PCへアクセスできる複数のユーザーを対象にしたい場合は、
System Inatallerを使います。

では、下記サイトへアクセスします。

赤印の部分をクリックします。

VS Codeのインストール

ダウンロードが完了したら、
ダウンロードしたファイルを実行します。
(ブラウザ下のダウンロードアイコンをクリック)
この辺りはお使いのブラウザによって異なります。

後は、セットアッププログラムの指示通りに進めます

使用許諾契約書の同意は、内容を確認の上
同意するへチェックを入れ
「次へ」をクリックします。

インストール先の指定は、
特に問題が無ければ、
「次へ」をクリックします。
変更しても構いません。

プログラムグループの指定も、
特に問題が無ければ、
「次へ」をクリックします。

追加タスクの選択は、
必要箇所へチェックを入れ
「次へ」をクリックします。

インストールの準備が終わり
「インストール」をクリックすれば
インストールが始まります。

セットアップウィザードの完了が表示されれば、
インストールが完了です。
「完了」をクリックします。

VS Codeが立ち上がりました。

VS Codeの日本語化

インストール直後のVS Codeは、英語表記になっています。
日本語にするには、Extensions(拡張機能)をインストールすることで簡単に出来ます。

VS Codeの左に縦に並んだアイコンの中から
①「Extensions」のアイコンをクリックします。
②検索欄へ「japan」と入力します。
③検索された「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」の
Installをクリックします。

④右下に現れた「Restart Now」をクリックします。
これでVS Codeが日本語化されて再起動します。

このように日本語化されました。

VS Codeのインストールと日本語化のまとめ

比較的簡単に日本語化された高機能エディタをインストールすることが出来ました。
もし日本語化されてない場合や、使用していて英語に戻ってしまった場合は、
先程の日本語化のExtensions「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」のページ書いてある
使用法を参考に設定すると日本語化に戻ります。

使用法
インストールが完了したら、Japanese Language Pack を読み込むために locale.json 内で “locale”: “ja” を設定します。locale.json を編集するには Ctrl+Shift+P を押してコマンド パレットを表示させ、”config” と入力し、利用できるコマンドのリストをフィルター処理してから Configure Language コマンドを選択します。詳細については Docs を参照してください。

Extensionsでお勧めは、
htmlを使ってホームページを作るの方は、セーブした時点での外観をブラウザ無しで見ることが出来る
「Live HTML Previewer」

phpをガンガン組む方には、簡単なデバッグも可能な
「PHP Debug Adapter for Visual Studio Code」
などが良いです。

タイトルとURLをコピーしました